神戸 › 2014年05月

PR広告

  

Posted by at

神戸港

2014年05月29日

明治維新直後から海外へ扉を開き、外国船の荷揚げ港として賑わった神戸港です。その中心に位置するメリケンパーク周辺には、神戸の象徴とも言えるポートタワーと海洋博物館が建ち並びます。とりわけライトアップされる夜の美しさは一際幻想的です。船上から神戸の街並みを眺める港めぐりも、旅の想い出になります。
神戸でも1、2を争う人気観光地、神戸港。そんな中から今回はメリケンパークをご紹介します。神戸港のシンボルポートタワーと海洋博物館を望む、のんびりできる海沿いの広い公園です。
メリケンパークのメリケンって何?と疑問も抱く人も多いでしょうが、昔この近くにアメリカ領事館があったため、アメリカンがなまって“メリケン”波止場と呼ばれるようになったとのこと。で、そこにできた公園なのでメリケンパークというわけです。
港町神戸には東西にわたって突堤が数多く存在していますが、メリケンパークから海に向かって伸びているのが中突堤。かつて海運が栄えた時代、この辺りは名実ともに東洋一の港湾と呼ばれていたそうです。そしてパークの最先端にあるのは、緩やかなカーブを描くユニークな外観の神戸メリケンパークオリエンタルホテル。夜になると建物全体にブルーのライトが点灯し、サファイアをちりばめたように美しく浮かび上がります。ポートタワーの赤、海洋博物館の白、ホテルの青が闇に浮かび上がるさまはムード満点。神戸有数のナイトビュースポットで、ステキなひとときをお過ごし下さいね。

  


Posted by innovate at 15:46